職人でつくる木と土の家

土壁の家工房 有限会社田口技建です。 私達は職人の手づくりで土壁と木組みの家づくりをしています。今からの時代を考えればこそ、熊本の山の木や土を使い、先人の知恵で培われてきた、技術や素材で家づくりをして行くことが環境と人への配慮が出来る家だと私達は考えます。

国家プロジェクト大工育成塾

国家プロジェクト大工育成塾

当社は国家プロジェクトの大工育成塾受け入れ工務店です

画像の説明

  • 特色

次代を担う大工職人育成を目的とし、塾生が集合して行う講義と受入工務店の指導棟梁の下で「現場修業」(個別実技指導)による研修を行います。

○国土交通省が支援する国家プロジェクトです。

○塾生が集合して行う「教室講義」と、受入工務店の指導棟梁による個別の「現場修業」を通じて、大工に必要な知識と技能・技術の両面の研修を行い、次代を担う大工職人を育成します。

  • 目的

我が国の職人文化・もの作り文化が生んだ木造軸組住宅は、気候風土に適合した形態や仕様、融通性に富んだ間取や空間構成、家族が互いに気づかいながら暮らす住まい方を促す仕組み、長寿命化のための補修や増改築の容易さ、釣り合いのとれた意匠の美しさ等々、優れた特徴を数多く有しています。

その長所を現代の住まいに活かしていくことが、良好な住宅の生産と固有の文化の継承を図る上で必要不可欠です。

しかしながら、伝統的な木造軸組住宅の担い手である高度な技術・技能を持った大工職人は、数の減少及び高齢化が進み、技術・技能の継承が困難になりつつあります。

このため、伝統構法を活かした木造住宅の生産体制を再構築するとともに、我が国の職人文化・もの作り文化の再興を担う人材を育成するため、(財)住宅産業研修財団(理事長:松田 妙子)が、国庫補助を受ける国家的プロジェクトとして大工育成塾を開設し、良質な木造軸組住宅づくりを担う大工職人の育成に取り組むものです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional